TOPスポンサー広告 ≫ ストラップの革靴・3TOPストラップの革靴 ≫ ストラップの革靴・3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ストラップの革靴・3

写真編集に手こずっていた頃の置き去りになっていた記事。
今更ですが編集し直したので紹介します。


色付きアスタリスク-5sBold*CandyBlue(白-薄い背景用) †SbWebs† 靴の制作・3 色付きアスタリスク-5sBold*CandyBlue(白-薄い背景用) †SbWebs†  
    色付きアスタリスク-5sBold*Tangerine(白-薄い背景用) †SbWebs†前回 "靴の制作・2/平面(布)の型取り〟の続き

   紙(平面)の型作り
   素材(革)の裁断
   組み立て
   仕上げ(パーツ付けなど)

水玉・靴の仰向け200   水玉・靴完成320



紙の型紙   (※で拡大します。)  


12aDSCF2133.jpg
靴型からトレスしたラインを厚紙に写し取ります。

13aDSCF2135.jpg
全てのパーツを写し取りました。


続きはmoreにて

14aDSCF2136.jpg
踵の縫い合わせラインを左右そろえます。

16aDSCF2145.jpg
切り離した型紙で、履き口の補強する型を作ります。 
踵の部分を少し重ね(革が多少伸びるので)履き口の型を取ります。 
図の点線内側になります。

18aDSCF2149.jpg
靴の型紙が出来ました。


 素材(革)の裁断

1bDSCF2166.jpg
紙の型紙から革素材を切り抜きます。 履き口以外はノリシロをとります。


 組み立て

2bDSCF2168.jpg  
踵を縫い合わせ、縫い代を割ります。 
履き口のパーツを貼ります。


3bDSCF2170.jpg
余分はぎりぎりでカットします。

DSCF2167.jpg
革用のボンド。  

電気コテ 2010-12-12 14-58-18 619x464 
コテを用意、熱しておきます。

4bDSCF2171.jpg
足型の底に、はがき厚の紙をピンで仮止めします。 
靴の内側になります。

5bDSCF2173.jpg
張り合わせた革を足型にあわせてピンで仮止めし、内側を糊で接着します。
足の内側です。

6bDSCF2175.jpg  
靴の先から革を裏側へ引きながら、ピンで細かく留めていきます。

8bDSCF2180.jpg
熱したコテで丁寧に接着していきます。
このとき余分な革は切り取ります。


 仕上げ(パーツ付けなど)

9bDSCF2191.jpg   
厚めの革で靴底を作ります。 
金具パーツは四角の金具を加工して作りました。 
踵は1回目参照。

11bDSCF2193.jpg
靴底と踵を接着します。

タミヤ 2010-12-12 16-05-59 640x480
靴底と踵を黒のプラモデル用のペイントで着色します。
ベルトは極薄のマジックテープ(ボークスなどの人形用)
で取り外しできるようにしました。

12bDSCF2213.jpg
完成!
ソックスをはかせる場合は、ゆとりを考えて作ると良いですね。



           ムフフ訪問ありがとうございます。よろしかったらクリックお願いします。
                       blogram投票ボタン



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。