TOPスポンサー広告 ≫ 深大寺赤駒TOP講習会 ≫ 深大寺赤駒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

深大寺赤駒

2011。2。26 赤駒ほか 014
先日、『赤駒』の講習会に参加しました。
昨年のNHK『ゲゲゲの女房』で登場した、深大寺の馬のわら人形です。
縁結びのお寺「深大寺」地域に昔から伝わる土産で、
愛する人や家族の幸せ、無事を願う人形です。
素朴で温かい姿が魅力的ですね。
講師は深大寺の甘味処“あめや”のおかみさんです。


大まかな手順を紹介します。(拡大します)
2011。2。26 赤駒ほか 002
まず頭になる部分、ワラを四つないます。
上の穂は尻尾のパーツ。
初めてワラをないドキドキ!
数個目でなんとか形になりました。

2011。2。26 赤駒ほか 003
上記のワラは、2組それぞれを口と耳に見立て
縦横に組み顔になります。
なんだかラクダみたい…

続きはmore


           ムフフ訪問ありがとうございます。よろしかったらクリックお願いします。
                       blogram投票ボタン



2011。2。26 赤駒ほか 006
次はたてがみ。耳の下から交互にワラを組んでいきます。
頭からたてがみへとつながって伸びるワラは前足になります。
足には量が少なかったので、後でワラを足しました。

2011。2。26 赤駒ほか 007-2
胴と後ろ足になるワラを首の下に組んでいきます。
腰になる辺りに尻尾のパーツを挟みながらワラの紐で結わえます。
だんだん馬らしくなってきました。

2011。2。26 赤駒ほか 012
前後のワラ束をそれぞれふたつに割って、
ワラの紐で巻き足を作ります。
足とたてがみを切りそろえます。
このときが一番ウキウキした瞬間でした!!

2011。2。26 赤駒ほか 013
紅白のこよりで手綱を作り、絣の布やリボンで飾ります。
ちょっとおちょぼ口になってしまいました。

2011。2。26 赤駒ほか 014
世界にひとつ。
私の赤駒ができました!!

Scan_20110227175727.jpg
深大寺の絵葉書です。

今回、講師は深大寺の甘味処“あめや”のおかみさん。
“あめや”は、そばぱんやそば大福で人気のお店です。
深大寺立ち寄りの際は是非お寄りくださいね。
赤駒が迎えてくれますよ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 深大寺赤駒 (いただいた資料より)

「赤駒」は昭和26年深大寺周辺が都の指定公園になった時に、岐阜県中津川の「木曽の春駒※」の作者に、深大寺が依頼してこの型を作った(蓑田 倜『多摩の郷土玩具 深大寺の赤駒』多摩のあゆみNo.5 昭和51年)。

首をあげてあななく馬の姿をかたどった赤駒の名 のいわれは、防人※として九州に旅立つ夫を、多摩の横山に見送る妻の万葉古歌にちなむとされる。

馬は江戸時代から明治時代にかけては、農山村の暮らしを支えてきた大切な動物で、その成長や作物の豊作などを祈る時には、絵馬としても神前に供えられた。
後には馬の形の良さが人々に好まれてミニチュアに仕立てられ、民芸品として土産物屋などの店頭に並ぶようにもなっている。

昭和36年には調布では、都立神代植物公園が開園しており、武蔵野の面影を求めて深大寺周辺を訪れる行楽客の増加とともに、湧水をそば作りに生かした店舗もおいおいと増えてきた。

赤駒は、このような町の大きな移り変わりの中で生まれ、土地の名物として今日まで、地区の婦人たちの手によって作り続けられている。

※ 防人・・・古代の徴兵制のもとで、諸国から送られて九州の要地を守備する兵士。
※ 春駒・・・もともと養蚕の豊作を祈り、作り物の馬の首を持って舞われた芸能であるが、
       ここではこの地方で作られたワラ馬玩具の名前。

         
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。